カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合わせ サイトマップ
注目キーワード
RSS


ゴワゴワになってしまう!と悩む人におすすめの水産合羽

 

時間がたつとゴワゴワになる。

すぐダメになる。

固くならない水産合羽はないものか?

そう思いますよね!

でも、「そうゆうものかも」と

あきらめていたあなたに

2倍以上長持ち!

経済的!

ご好評をいただいている

ゴワゴワになりにくい

水産合羽をご紹介させていただきます。

ウレタン合羽が良い理由

今から17、18年前に、とある製造メーカーが

ウレタン前掛けを持ってきました。

  軽くて長持ち!!

すでに販売しているところがあり実証済でした。

でも、初めて見るウレタン前掛けは

当時、主流だった塩化ビニールの前掛けとは

比べ物にならないくらい

ペラペラで弱そうでした。

回転寿司が増えてきた時代、

脂の強いカラスガレイを扱っている

工場に協力してもらい

側溝にウレタンはぎれを

数週間つるし経過観察した所

ゴワゴワになっていなかったのです。

ペラペラのウレタン生地の強さが証明されました。

【おすすめ】カワシマの水産合羽

とても軽いので気がらく。

2倍以上いや3倍、もっとかな?

耐油性抜群と漁師さんに

好評のカワシマの水産合羽。

ブルー・イエロー(S〜5L)

ホワイト・ブラック(M〜3L)の4色。

グリーンは廃盤になってしまいました。(ありがとうございました。)

サイズ表

ブルー・イエロー(S〜5L)

ホワイト・ブラック(M〜3L)

サイズ 身長 胸囲 胴囲
S 150〜160 78〜86  66〜74
M 160〜170 84〜92  72〜80
L 170〜180 90〜98 78〜88
LL 175〜185 96〜104 86〜96
 3L 180〜190 102〜110 94〜104
 4L 185〜195 108〜116 114〜122
 5L 185〜195 102〜112 110〜120

特徴

♦合羽上:ジャンパー型(フード取外し可能)

ブルー・イエロー(S〜5L)

ホワイト・ブラック(M〜3L)

<フード>

ボタンで取り外しができます。

視界も広くなり作業が楽になります。

強風時に外れることがあります。

<二重前立て>

二重にして水の侵入を防ぎます。

ファスナーとマジックテープが付いています。

<二重袖>

二重にして水の侵入を防ぎます。

<内ポケット>

携帯がらくらく入ります。

【超耐寒・耐油新素材】ラグライトジャンパー/ブルー

【超耐寒・耐油新素材】ラグライトジャンパー/イエロー

【超耐寒・耐油新素材】ラグライトジャンパー/アイボリーホワイト

【超耐寒・耐油新素材】ラグライトジャンパー/ブラック

♦パーカータイプ

色:ブルー・イエロー

サイズ:S〜5L

フード:取外し不可(吹き飛ばされる心配がありません)

衿:無

取寄せ商品。

ご希望の方は

メール、電話等でお伺いいたします。

メーカーに在庫確認後

発注致します。

メールで問い合わせする

♦サロペット(胸付ズボン)

ビックリする軽さ。

汚れも従来の合羽より落ちやすく

メンテに時間がかかりません。

脇ゴム:ボタンタイプより脱ぎ着がしづらいです。

裾:ハサミでカットできません。

膝:補強しています。

腰周りはやや小ぶりです。

【軽くて強い】ラグライトサロッペト(胸付)/ブルー

【軽くて強い】ラグライトサロッペト(胸付)/イエロー

 【軽くて強い】ラグライトサロッペト(胸付)/アイボリーホワイト

【軽くて強い】ラグライトサロッペト(胸付)/ブラック

♦牡蠣・ホタテ養殖仕様サロペット(胸付ズボン)

牡蠣・ホタテ等で合羽が刃物で切ったようになりダメになる!

重いゴム合羽を着て作業をするのは辛い!

こちらは前面二重・膝パット材入りの軽〜い合羽です。

二つの特別仕様を施してあります。

前面1枚目が貝等で壊れても

一気に2枚目までは壊れません。

重さはゴム合羽とは比較にならないくらい

軽い!膝パットが入っている!

『今までの作業が嘘のよう』と

こちらも漁師さんに好評です。

脇はボタンタイプ。脱ぎ着がとても楽です。

色:ブルー・イエロー

サイズ:S〜3L

【カキ・ホタテ・ホヤ養殖仕様】前面二重ラグライトサロッペト(胸付)/ブルー

【カキ・ホタテ・ホヤ養殖仕様】前面二重ラグライトサロッペト(胸付)/イエロー

まとめ

合羽が重くて作業が辛い!

すぐゴワゴワになり作業が大変!

今までより快適に進み

作業が楽しくなる好評な合羽です。

『この合羽は本当に良い!!」

漁師さん太鼓判の水産合羽です。

 

タフブルーは発想が違う合羽

十数年前、セールスさんから手渡された袋入りの合羽ズボン

「重っ!重過ぎでしょ!」

重さで不評、売れなくなってきたゴム合羽と変わらない重さ?

軽薄短小の時代に重厚長大?

袋入りのままでは、一般的な合羽と同じ「青」・・・

目新しさ、ビジュアル的にも面白くないし・・・

「誰が着るの?」

「お客さんに勧められないよ」

袋入り状態で中身も見てないのに

セールスさんへ散々、文句たらたら(苦笑)

袋から取り出してチェック

黄色の肩バンドが目に飛び込んできて

「肩パットが付いている!」

それからは、あっちこっちをチェック・チェック・・・・

いい所、結構あるじゃん!

結果〜ハイ採用!(大笑)

 タフブルー胸付ズボンの特徴・工夫

タフブルーを見る

生地厚が0.6弌閉名錣凌綮差膠の約1.5倍以上)の極厚タイプ

切裂き:スレ:突き刺しに対してタフさを発揮し

頑強にケガの原因から漁師さんを守ります

膝当ても2重貼りで通常の合羽ズボンの1.5倍の厚さ

硬めの生地・フラットな表面仕上げにより

突起へのまとわりつきを予防し

キズがつきにくく

引っかかりを軽減する

ゆったり幅広形状と後ろマチ入りにより

ベタつきにくく 動きやすい

しゃがんだ作業時の負担軽減

合羽内部に蒸れ、熱がこもらない

漁師さんのことを考えた工夫

パット付肩バンドで重さ:肩への食い込みを軽減している

脇ボタンで脱ぎ着が楽に:バサツキ防止に

ボタンを外せば蒸れ、熱を逃すのにも便利

合羽上下の厚さを違く作ることで

上合羽は、あまり傷まないので0.4mmの厚さに抑え

胸付ズボンより軟い生地にすることで丈夫さより

軽さ動きやすさを求めている

青色に上手く黄色を使ってオシャレ感、遊び心、軽さを演出している

(襟・肩バンド・脇ボタン部分などへ)

 丈夫な合羽を探している漁師さんへ

タフブルーを見る

生地が厚地で耐切創性が強いため

貝殻・凍結魚のヒレ・ゴミなどで

合羽が傷だらけになるような仕事

同じところがコスレやすく傷むのが早い

魚の選別で膝をついての作業

固めの生地で引っかかり・まとわり付を嫌う仕事に向く

突起物・かごの針金・ほどけたワイヤー等でのケガ予防

怖い巻き込み事故防止に

幅広、マチ入り設計で穿きやすい合羽です

太目の人

よくお尻が破ける人

厚着の人

など 丈夫さ・ゆとりを求めている方にお奨めしています

*耐油性は、十分に有りますが油まみれの環境での作業には

あまりお奨めできませんのでご注意願います

*肩こりが酷い・合羽が重く疲れが溜まる方

他の合羽も考えた方が宜しいかと・・・

是非、ご相談ください!

 タフブルーをお奨め出来る訳

タフブラック(黒色)もラインナップに追加出来る位売れている

1種類の生地で上下を作るのが普通の水産合羽において

わざわざ2種類の生地で作り

「重さ」というハンデを背負っていても

これだけ長期間にわたり製造販売し続けられるのは、

品質に信頼を寄せている漁師さんが多いことの証明にほかなりません

丈夫で長持ち、タフブルーは「重さ」に価値があるのです

修理回数が少なく済む

なによりもケガの予防や安全躁業に繋がります

カキ・ホタテ・凍結魚などを相手の漁師さん

トロール船での膝を付いて魚選別、

ハードな作業の漁師さんへ頼りになる合羽です

大漁に向かって

丈夫で長持ちの合羽で元気一杯、頑張って下さい

ページトップへ